医師の仕事による適正

医師を目指す場合

特長

目指すものによっての医師の適正

医師を目指している方が知っておかなければいけないのが、自分がその仕事に向いているのかどうかという適正です。どれだけ筆記試験の成績がよかったとしても、働き出した時にはあまりそれは関係ありません。なぜなら、医療においてもっとも求められることはコミュニケーション能力だからです。医師は基本的に患者から話を聞き出して、それを元に病気を診断し、治療を行っていきます。病気の説明から治療の方向性など、全ての過程でなにかしらの会話が発生するため、コミュニケーション能力は必要不可欠といえるでしょう。このようなことから、人付き合いが苦手な人は適正があるのか否かといえば、否といわざるを得ません。しかし、病気の治療法を研究する病理医などを目指す場合は、必ずしもコミュニケーション能力が必要というわけではありません。この場合、求められるのは一生勉強をしたいという向学心や人体への興味といえるでしょう。仕事は臨床の現場だけではないため、目指すものによっては適正も違ってくるのです。

向き不向きを考えよう

医師は社会的ステイタスが非常に高く、医学部を目指す人も少なくはありません。なりたい理由は人それぞれかと思いますが、人を助けたいという思いが強い方が多いのではないでしょうか。しかし、向いている方と不向きな方が分かれるのが現状です。まず、莫大な勉強量を終え試験にクリアすることが第一前提ですが、人間相手のお仕事。マニュアルはありません。よってコミニュケーション能力しっかり備わっていることが適正になってくるのです。患者さんの訴えに耳を傾け、短い会話の中でもどんな病が隠れているかなどのヒアリング力が重要です。また、意外にも多くの医師にありがちなのが難しい医学用語を利用しながら患者さんに説明をしてしまう事です。相手に伝わらなければ意味がありません。患者さんは多くの不安を抱えています。不安を与えないように解りやすく説明をし、理解してもらえてるかが重要なのです。適正のキーは人間好きな方と言っても過言ではありません。

↑PAGE TOP