医局の年金について知る

医局に勤務の場合

特長

医局勤務で受給できる年金

医局に勤務している場合、もらえる年金は、国公立に勤めているか、私立や企業に勤めているかによって異なります。国公立の場合は、公務員扱いとなりますので、共済に加入していることになります。一方、私立や企業に勤めている場合は、厚生に加入していることになります。いずれの医局の年金も、扱いとしては同様で、双方の加入年数の合計が通算年数として加算されるため、合計で25年以上勤めた場合は受給できる資格を得られることになります。

医局を異動になっても年金は継続

現在医局に勤めていて年金を納めている医療関係者の皆さん方、科によってまちまちですが、数年単位で他のところへ異動するということもあるかと思います。多少のストレスはあるかもしれませんが、新しい土地での出会いや楽しみもまたあるものです。さて歳を取っていく中で気になるのは、医局を変わった際の年金のことです。県などをまたぐ場合などはどうなっているのかですが、共済・厚生、ともに継続して差し引かれて納められていますので、安心しておきましょう。

↑PAGE TOP