医師のトラブル解決方法

医師に起こり得る問題

特長

医師賠償責任保険に加入して安心

近年、手術のミスなどで医療の事故が発生し、病院などが患者や家族から、損害賠償を請求されるということが増えています。医療機関では、こうした万が一に備えて、賠償責任保険に加入しています。一般的に勤務医の過失は、病院が加入している保険で支払われるますが、医師を共同被告として訴えられることも起きています。この場合は、自身で払うことになりますが、高額な請求金額を用意することは無理でしょう。賠償責任保険に加入していれば、要求される賠償金の対応もできます。現状では非加入者が多く、問題が起きたときに、賠償金が支払えない事態も生じています。医療行為は、絶対大丈夫と言い切れるものではなく、ちょっとした不注意から、命も無くしてしまう重大事になることもあります。訴訟側は、少しでも多くの賠償金を得ようと考え、病院と医師の両方を訴えるようになってきています。安心して日々の医療に携わるためにも、加入することは大事でしょう。

加入する賠償責任保険

医師の勤務場所は、病院であることが多いですよね。そして病院というと患者さんが入院していて、時には、その患者さんが急変をしてしまうこともあります。また、救急搬送されてくる人もいます。そのために、働く現場は、常に生命の危機ととなり合わせの現場で働いているのです。そしてその生命の危機に陥った患者さんは、必ずしも治療を受けて回復するというわけではありません。搬送までにかかった状況や重症度によりなくなってしまうことも少なくないのです。また外科などの医師は手術を行いますが、手術をすれば必ず良くなると思っている患者さんも多いです。術前には説明がありますが、手術をするには、麻酔や手術に伴うリスクというものが必ず発生します。そして後遺症を残したりすることもあります。患者を救う立場で治療に恐怖心を持っていたら治療を行うことはできません。そのために賠償責任保険というものがあります。この賠償責任保険は、もしも裁判が起こった時などの補償をしてくれるものであり、使命を全うするために有用な保険と言えるでしょう。

↑PAGE TOP