医師が関わる保険について

医師の仕事でのリスク

特長

医師の賠償責任保険の必要性

医師が病院で行う手術や診断上には医療事故のリスクは常につきまとい、それに伴う訴訟等で想定外の費用がかかることがあります。総合病院等に勤務している場合には基本的に病院が加入している保険でカバーされます。これは民法に使用者責任という制度があり、医師のミスは雇い主の医療機関に賠償請求することが一般的であるからです。ただし、共同被告として本人も訴訟を受けられるケースもあり、勤務医の場合であっても保険に加入することでリスクの軽減を図ることができます。

医師が加入する様々な保険

医師が患者に対して医療行為を施している際に起こった僅かな過失が原因で、その患者に何らかの障害が残ってしまう等、業務上の過誤が原因で損害賠償責任を負ってしまった時の為に「医師賠償責任保険」があります。補償内容として、法律上の損害賠償金及び争訟費用が支払われます。また、臨床研究や治験等を行っていた際に被験者の身体に起こってしまった健康被害に対する保証責任、及び賠償責任をカバーするものとして「臨床研究保険」があります。

↑PAGE TOP