医師の服装のこだわり

医師の服装といえば

特長

医師の服装は白衣だけではない

医師の服装といえば白衣を想像する方は多いのではないでしょうか。世間一般では接する時には白衣を着ている、というイメージがあるものです。ただ、人間ですからいつも白衣を着ているというわけではありません。服装にもこだわっている人というのは私服もオシャレなものです。身の回りのことに気を使うのは自分のためにもなりますから、オシャレに力を入れるのもよいでしょう。医師には適度にリフレッシュすることも求められているのでした。

医師の服装は自由である

医師は、自分の私服の上にドクターコートを羽織っているというスタイルが一般的です。例外として手術室に入る時には術衣という独特の服装をしていますね。ドクターコートの下の私服はジャージのような動きやすい恰好をすることもあります。または、会社員のようにシャツとネクタイというスタイルもあります。いずれにしても医師は患者さんに接する接客業であるために、その服装は好感が持てる物、そして清潔感があるようなものが大切でしょう。

↑PAGE TOP