医師になるための勉強

医師の試験に合格する

特長

医師国家試験対策と予備校

医師国家試験の合格を目指して、通常の大学とは別に予備校で勉強をする方もいらっしゃいます。患者さんの体の不具合を診察して適切な処置をしなければならないので、色々な事例について覚えなければなりませんし、国家試験はどのような事が出題されるか分かりません。どの大学に在籍して医師を目指すかは人それぞれですが、過去の出題傾向をしっかり把握して生徒を合格へと導いているのが予備校で、マンツーマンの指導を受けられる点は魅力があります。どのような指導を行うかによって異なりますが、学校と予備校の両方に通って受験した人は実に8割以上の方が難関と言われる国家試験に合格しています。医療の仕事は試験を合格すればよいだけでなく様々な経験が必要ですが、実習は大学で行い、筆記試験対策は別の所で行うという方も増えているのが現状です。患者さんの体から不具合の部分を探しだし、適切な対応をしなければなりませんので、相当な知識を必要とする仕事です。

合格するための予備校とは

医学部予備校とは医学部受験のために特別に強化クラスを設けている学校のことです。少人数制からマンツーマン性、集団で事業を行う方式などいろいろなタイプがあります。地方から出てきた学生のために寮を設けている学校もあります。医師になるための医学部受験は険しいので、自分にあった学校を探すことが大切です。多くの学校では入学のために試験と面接を行っているところがほとんどです。選抜クラスを作るためだったり、合格実績や合格率をあげるために入学前に試験を行っているのです。面接では医師としての適性ややる気などを見ているようです。大手の予備校だと人気教師やカリスマ教師などがいてたとえ地方でも衛星放送で授業が受けられます。また生徒の人数が多いので切磋琢磨して競い合うことで実力がついてきます。また多くの受験生を抱えているのでデータが豊富で、合格判定の精度が高いという特長があります。一方専門の予備校の場合、少人数制の場合が多いので手厚い指導がうけられます。生徒一人一人にあった指導をしてもらえるというメリットがあります。

↑PAGE TOP