医師の需給と年収の地域差

医師は地域ごとに差も

特長

医師の地域差に関する現状

医師の地域差が問題となっていますが、新しく開局するクリニックなども多く、実感のわかない人も多いかと思います。東京や関東などの首都圏や、大阪、名古屋などの大都市では、確かに需要と供給が満たされています。しかし、都市部から離れた少子高齢化の進む地域では、市民病院などの大きな病院ですら専属医がおらず、外部から非常勤医を呼んで対応するなどの現状があります。特に、産科や麻酔科などの激務な科は、対応できる非常勤医の数も限界があり、地域間の格差が大きくなっています。

地域差がある医師の年収

一般的に大都市圏は地方に比べ年収は高めです。人口の多いところに企業が集中し、条件の良い求人が多くなるからです。多くの企業はビジネスチャンスの多いところを拠点にしたがりますので、当然の結果と言えるでしょう。しかしながら一部の業種、例えば医療関連の給料事情は少し異なるようです。統計データによると、医師の年収は都市部より地方の方が高いとの結果が出ています。都市部には人材が溢れ、地方には不足しているといった地域差が生み出す典型的な現象です。高給を支払っても医療従事者を確保したいという覚悟の表れなのかもしれません。

↑PAGE TOP