医師の免許取得は大変

医師国家試験に合格

特長

医師の免許を取るには

医師の免許を取るには、国家試験に合格する必要があります。この試験は合格率が資格試験としては非常に高く、7割以上の合格率となっています。これは受験資格に秘密があり、原則として医学部を卒業または卒業見込みの人でないと受験が出来ない試験なのです。逆にいえば、医学部で6年以上しっかり勉強した人でも2割程度は合格しないわけで、医師としての免許を取るのがとても大変だという事です。これだけ難しい試験を突破しているからこそ、我々も安心して治療が受けられるというわけです。

医師免許の大切さについて

病院で勤務する際、医師免許は最も大切なものの一つになります。なぜなら、これがなければ患者に対して様々な医療行為を行う事が出来ないからです。人によってはなかなか免許を提出しない人もいます。結果、患者に安定した医療を提供する事が出来ないので問題になります。これに関する医師の手続きは最優先で行った方が後に困らないです。これは取って終わりというものではなく、取ってから相手に信用や信頼を与えるものとしてとても重要です。

↑PAGE TOP