女医不足の理由と解消法

女医についての問題

特長

女医不足の問題について

女医不足は全国的な問題です。出産、育児、介護を女性が主で担う傾向が依然として強いためなかなか長く勤務する事が難しいです。結果、不足をなかなか解消出来ないです。この問題を解消するためには女性が仕事と家庭生活を両立する事が出来るより良い仕組みを構築し、一般的にする事です。女医が増える事は同性の患者にとってもデリケートな悩みを相談しやすい等多くの利点があります。この問題を解消する事が出来れば医療機関の活性化にもなります。

女医不足とその理由とは

男女雇用機会均等法が施行されて以来一般企業では女性重役等も多数出てきていますが、医療業界においては女医の不足はまだまだ深刻な問題の1つとされています。その理由として、まず人の命を預かるという点から仕方が無いことと言えるかもしれませんが、1人前の医者になるために何年もの月日が必要となるため、いざ医者として活躍しようというときに結婚や妊娠のタイミングが来る人が多いということが考えられます。また家庭を持った女医に対するサポートが充実していないのも不足している原因とも言われています。

↑PAGE TOP